読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが家はちびワン王国

我が家の女王、ただ今1歳半。家族は夫、妻、黒い犬、そして黒い犬。

はっぱーぱぴーゆの憂鬱

こんばんは。はっぱーぱぴーゆです。

       f:id:h9a2n6a:20141218151914j:plain

 

先日は私の悩みを聞いていただいてありがとうございました。

今日も聞いていただけます?

 

今日は、お父さんとお母さんが娘さんを連れてショッピングに出かけたんですよ。

12月20日に家族でお出かけ?それって目的は一つじゃないかしら?

これはやべぇってんで私なりにがんばってみたんです。

まぁ私なりっつったってぬいぐるみなわけですから、やっぱりケーキは片手持ちだし、なんら変わりないわけですけど、気合だけは入れておいたんです。

 

お世話ちゃんがきてもいいようにね。

お世話ちゃんとはこちらです。

こんなのが来た日には私はもうどうにもなりません。新しい物好きの娘さんにはぽぽちゃんとやらが輝いて見えるでしょう。

 

どよんと曇り空な私の元へ帰ってきた娘さんが抱えていたのはこちらでした。

 

        f:id:h9a2n6a:20141220211050j:plain

ぽぽちゃんではない。ではないけれど同じ種族であることは一目瞭然。

けれどお色がカラフルでいらっしゃる。あげく靴履いてるわ。ピンクの。私なんて素足だってのに。

しかもよく見るとこの子無防備。ケーキどころか何も持ってない上に歌も歌わないんですってよ。なのに娘さんの抱っこ攻撃を独り占め。私しょんぼり。

 

おもちゃ屋さんに行ったお父さんたちはぽぽちゃんを娘さんとご対面させたそうだけど、娘さんがちっとも興味を示さなかったようなので、今ハマっているアンパンマンシリーズの中からぬいぐるみを選ばせたそうです。

お父さんが「ぱっぱーっぱっぱが気にしてるからぽぽちゃんはやめよう。」って言ってくれたらしいけど、名前が違うわ。はっぱーぱぴーゆだから。

ぽぽちゃんは来なかったけどドキンちゃんが来た。素敵なオレンジの彼女が娘さんのぬいぐるみーずの一員になってしまいました。

 

きっと娘さんは私には見向きもしなくなるのだと思っていたけれど、娘さんは私のことを忘れていなかったの。

         

なんと犬のラブ子さんと同じベッドへ入れられました。ニューフェイスドキンちゃんと一緒に。

ラブ子さんは顔出しNGらしいから写真ないんだけど、最初は隣に座らされてただけだけど、最終的には上に乗せられました。

娘さんは犬とかぬいぐるみとかわかってないからみーんな友達って感覚だけど、こっちとしては正直固まるよね。ってかラブ子さんも固まってたよね。楽しそうなのは娘さんだけでした。

でもそういう娘さんがいいのよねって思って自分の中で納得してた。なのに、寝るときに娘さんが「ドキンちゃんアンパンマンとねゆ。」って言ってるから、お母さんが「はっぱーぱぴーゆは?」って聞いたら、あの子「いらにゃい。」って言ったもんだから、納得ふっとんだわ。

 

おーいおいおいおいおい。早くない?それひどくない?

お母さんが「じゃあママがはっぱーぱぴーゆと寝るわ。」って言ってくれたからなんとか布団には入れたけど、これじゃこの先不安だわ。

もうケーキ離しちゃおうかしら。英語じゃなくて中国語あたりで歌ってみようかしら。

無理だけど。

 

むりやり寝ることにします。明日はどうなるかしら。