読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが家はちびワン王国

我が家の女王、ただ今1歳半。家族は夫、妻、黒い犬、そして黒い犬。

私の悩みを聞いて下さい

       

                http://www.flickr.com/photos/64177673@N05/6321527653

photo by photoloni

 

今、私はとても悩んでいます。ブログを書くのはもっぱらパソコンなのですが、我が家のパソコンはデスクトップなのです。えーと確か「iMac」(綴り合ってるか謎)と呼ばれるモノです。

 

これ数年前に購入したんですけど、その時は「iBook」を使っていました。それも壊れてたりしたわけではなかったんですが、夫が「パソコン買い替えたいなー。」と突如申請してきたわけです。その当時パソコンを使うことなどほぼなかった私はその話を聞かぬふりをしていたんですが、夫の中ではデカいパソコンを自分のモノにするというミッションが成立してましたので、そりゃもうアピールするする。別に私だって好きでミッションのジャマをしているわけではないけれど、家計を預かる身としてはおいそれと夫の希望を叶えるわけにはいきません。しかも壊れてないのに。しかもワタシツカワナイノニ。

 

おかめ家では電化製品など購入する際の下調べなどは全て夫が行います。価格.com辺りをサーフィンしてみたりして、その商品の良さをプレゼンするのです。私が使うものだとそこそこ真面目に聞きますが、パソコンとかカメラとかだともうダメです。何言ってんのかワカンナイ。

例えば「次のiMacはさー†©∫∆µ∑ç≈¬øπ√ができて、†∞¢ªº™åœ√なんだよ。写真を編集するにはもってこいさっ!」と意味不明な言語で語りかけてくるので、もう彼は私から見れば立派な宇宙人です。どこの星の人なのでしょうか。
ちなみに最近の娘は、「ママー。%&$@*&◯うたてー。」と語りかけてきています。さすが親子です。よく聞くと違う言語のような気がしますが、私にはわからない言葉であることは間違いありません。2人して私を洗脳しようとしているに違いありません。そして自分たちの星へ連れて帰ってダメな地球人として見世物にしようとしているのです。恐ろしい親子です。

 

話を戻しますが、お父さん宇宙人は写真を撮ることが趣味ですので編集したりなどでパソコンを使用することがほとんどです。そのため大きな画面でなおかつ処理速度がうんたらかんたらだそうですので、「iMac」とやらを喉から手が出るほど欲しがったのですが、私がその手をがっちり握ってにっこり笑顔で契約をしなかったため、欲しすぎて喉から飛び出ちゃった手をしまうことも出来ずやむにやまれず夫は言いました。今回は私にも分かる言葉で。

 

 

「おこづかいを減らしてもいいから買っておくれよ。」

 

 

即答しました。「いいよー。オッケー。契約成立です。お支払いが滞りました場合は即刻売却させていただきます。」

 

 

夫はすばやく購入いたしました。もはや夫の商品のプレゼンは私には不要でした。一生懸命働いている夫には申し訳ありませんが私が思案するのはお財布事情ですからね。まぁそんなことで無事パソコンは家に届きこのたびお支払いも完了したわけですが、その間に娘が産まれシンプルを基調としていた(物がないだけですけど)リビングにもアンパンマンのおもちゃなどが増え、娘が生活しやすいように変化したのでデカパソ(デカイパソコン)を置くスペースがなくなってしまいました。

 

 

仕方なく出窓に避難させておいたのですが、ブログを書く度に机の上に持ってこなければならないのです。これ画面ていうんですか?リンゴマーク書いてあるやつ、すんごく重いんですよね。いつもふらふらしながら移動しているのでもういつ落としてもおかしくありません。ちょっとの手間ですけど、めんどくさがり屋の私には過酷な作業です。

なので思い切って言いました。夫に。

「デカパソさーでかすぎない?運ぶの面倒です。いつか落とします。」

夫は嬉々として言いました。

MacBook Proに買い替えようよ。」

 

 

デジャヴ。これ。

 

 

3年ぶりくらいに来ました。買い替えデジャブ。

でも今回は夫もさることながら私のほうが替えたい。私は小さくて持ち運べるものにしたいので、ノートタイプならなんでもいいんですけど、夫はやはり写真の件がありますので「Air」ではなく「Pro」がいいようです。最初は「Air」を買い足せばいいんじゃね?みたいにセレブ発言しましたので、「買い足せるくらいならとっくに買っています。そして1人1台もパソコンはいりません。今あるものを売って次の資金にします。」と冷静に説明しておきました。

 

以前の場合だと買い替えを迫る夫にしぶしぶ了承する妻という立場をモノにしましたので、高い買い物をしたなーと思っていても「だって彼が欲しがったんだもの。仕方ないじゃないっ!」と言う逃げ道を作っておけましたが今回は無理です。私が欲しいんですから。

 

「あーどうしてこれを買ってしまったのだろう。」という後悔をすることが得意な私は、もし「Pro」を買ってしまった日には「あーデカパソがあったのになんで買ってしまったのだろう。」とおいおい落ち込むことになるのです。しかも、私には夫のようにつぎ込むお小遣いもありません。

 

今回、夫はプレゼンをする必要はありませんので今のところ価格を調べているだけです。

問題はデカパソをどうするかによりますのでまだまだどうなるかわかりませんが、今回は私の一存で決定します。夫に押される私を演じるわけにはいきません。私が欲しくて買うわけです。100円のアプリをもったいないからと買えない私が、パソコンの購入をどうして決められるでしょう。あーどうしよう。どうしよう。

 

 

私はとても悩んでいます。

MacBook Proに買い替えるかどうか。