読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが家はちびワン王国

我が家の女王、ただ今1歳半。家族は夫、妻、黒い犬、そして黒い犬。

やむなし美容院

私はとっても優柔不断である。

欲しいものを買いに行っても、店から一旦出てうろうろしながら買うかどうかを考え、そのあげく買わずに帰るというのが普段の私。

友達と出かけるときでも「どこ行くー?」って「どこ行きたいー?」ってなかなか決まらずにその辺うろうろするのも私。

夫ができたのでそれをいいことにすぐに「夫と相談します。」って言って本当になんでも相談するようになってしまった私。

 

時間は無限じゃないのだから無駄遣いするんじゃないよと、それくらい自分で決めなさいなと思っています。まぁ思ってはいます。

 

そんな優柔不断による時間のロスが大きい私でもすぐ決まることあります。

それは「髪型」しかも割と突飛な形をチョイス。

昔、通っていた美容院では「すごい冒険心だね」と言われるくらいです。

流行りの髪型なんてしたくない!あたしらしさを追求したいの!ってことはありません。ただ流行りのスタイルが似合わないだけです。切ない。

 

美容院が苦手なくせに維持ができない髪型にしたがるところが残念だってことはわかってます。

わかってるけど、私は夏にくるくるパーマを3時間かけてかけました。3度ほどパーマ液かけた上に、美容師さんが「これ最終兵器です。」って見たことない器具出されました。「これでかかんないとちょっと考えようかな。」って。帰りしな「お疲れさまでした。」って言われたけど、いや本当みなさんのがお疲れさまです。って言いたかったです。

出来上がりはオーバーオール時代の鶴瓶スタイルだったけど、私は満足してました。だってかけたかったんだもの。髪型は冒険だもの。

 

それから早5ヶ月。

先日、夫に「きつめの天パーみたいだね。」と言われました。うむ。いたしかたなし。

だってその通りだもの。もう、ぼわわわーんってなってます。フォルムは台形です。帽子かぶるか1つにしばって生活しておりますけど、数週間前、家族写真を撮るという大事なイベント時に、うっかり帽子忘れました。なんてこったいだよ。出来上がったものをみて愕然。私の髪型はこんなにボリューミーだったとは。小顔の逆をいっている。ただでさえ大きめの顔(控えめ)をさらにインパクト大にしてしまっている。

 

これではお正月を迎えられない。

早急に処理すべし。手遅れにならないうちに。よし。ストパーかけよう。

 

ってことで私は美容院に行きます。っていうどうでもいい話でした。