読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが家はちびワン王国

我が家の女王、ただ今1歳半。家族は夫、妻、黒い犬、そして黒い犬。

ホットリミットな健康診断

以前のブログでこんな内容のことを書いた覚えがあります。

 

 

 

肥満児だった頃を思い出したよ - 我が家はちびワン王国

 

 

書き出しは諸事情により2月までに5キロ痩せたいとバッチリ書いてある。

バッチリ書いちゃってあるーーーーーー!!!!!

 

 

かあぁぁぁぁっぁあっァああああ!!

 

 

かなり向こうから「ここまでに痩せたら大丈夫だからーーー。」って

こっちに向かって手を振ってくれてたリミットちゃんが、

いきなりすんごい形相でこっちにむかって走ってきてる感じです。

「やっっば!間違えた!違う違う!ここ!ここまで!ここまでだったわ!」って言いながら12月のとある日でストップかけました。

 

5ヶ月後にいたあの子が1ヶ月後までダッシュしてきました。

リミットが、身体中をホットさせながら迫ってきました。そう!ホットリミット!

まずい。ダイスケ的にも全然オールオッケーなんかではない。

 

 

いや、12月に何があるかって言いますと健康診断なんですけどね。

やっこさんてば巷では結構ビビられる存在であるため、そこらへんのちょっと悪いやつ(体重気にしてるやつ)くらいなら「やば!健診センパイ来てるよ!挨拶いっとかないと!」って感じでビシッと整列させちゃいます。

 

でも、とことんワル(適正体重)まで行くと逆にやっこさんの方が萎縮しちゃって「すんません!今日、本番なんでちょっと調べさせてもらっていいすか?ほんとすんません!」って感じになってるはず。

 

 

私はもちろんちょっと悪いくらいなんでそりゃもうめちゃビビってるし、敬礼もんです。

センパイに会うのは1カ月も先なのに、右手が肩くらいまで上がっちゃってる。手上げてる場合じゃないのに。そんなことしてる時間ないのに。

 

あの、健康診断て毎年あるんです。一昨年は、妊娠中だったの堂々と欠席できたんですけど、去年はそうはいかなかった。やっぱ三十路も回ると体のことも真剣にケアしてかないとダメなんで、意を決して乗り込んだ。

 

健診センパイに全身全霊で挨拶しにいった。

「ちぃーーーーす。」

 

いきなり腹囲測定と体重測定だった。

フィールド歩いてるだけなのに、いきなりラスボス現れた感じ。

ワールド1-1でもうクッパ出た。

 

逃げたい。できることなら猛ダッシュで家に帰りたい。

でも、ここはビシッと決めとかないと。むしろこれ乗り切ったら後はなんでもござれ。

 

いざ、測定。

 

 

うわぉ。一昨年より10センチは成長しとるよ。

 

係りの人も「えっ?」って去年の数字を2度見したよね。

去年の見てから、私のおなかを確認したんで、満を持して言いましたとも。

 

「産後なんです。」

 

「あぁ。」って係りの人なってた。産後なら仕方ないわってなってた。

 

「産後なんです」パワーすごい。

 

 

産後という言葉のパワーをひしひしと感じながらの体重測定。

 

右の頬を打たれたのに左の頬も打たれてしまいました。

 

右ストレートからの左ストレート。ジャブがない。ジャブでの様子見がない。速攻勝負決められました。

これじゃすぐタオル投げられるよ。

でも、負け戦とわかっていながらも臨まねばならぬ試合がある。

 

惨敗。

 

もう、試合中の記憶がないほどコテンパンにやられてしまいました。

しかし、まだある。産後と関係のない項目がまだある。

 

 

それはすっとばす。もう真島クンのようにすっとばす。

 

 

そんで、最終項目が何だかよくわからないけど、軽く結果見ながら話そうか的なイベントだった。

 

 

舐めてた。ペロンと舐めてた。このイベントかなりツワモノ。やっぱラスボスいましたよね。

 

 

とにかく注目されるは増加分のみ。一応ね、言いました。

 

 

「産後なんです。」

 

 

軽くは伝わってたと思う。本当に軽く。

ただ、いつまでもこれじゃダメだよね。って感じ出しながらどうやって痩せればいいかを説明されました。

 

 

食べる量を減らしましょうってね。

 

 

減らせてたらやせてるYO!

 

 

って絶叫した。心の中で。

 

他のこともいろいろ言ってたけど、もう満身創痍なのでちっとも話が入ってこない。

軽く記憶喪失。

 

いや実は、私ね、妊娠中14キロくらい太っちゃいましてね、かなりアメリカナイズされてたわけですけども。

 

なんでね、それから行くと10キロは痩せたわけです。

 

まぁ所詮太り過ぎなんで10キロでも元に戻ってないし、今までのパンツとかもろもろ着れないし、買い換えられないし、痩せるしかないわけですけども。

けれども、やっぱ10キロは痩せたんだからみたいな気持ちがどっかにあった。

 

 

反省しています。そんなに甘くないよね。

なんとか最後に私が絞り出した答えは、

 

 

「わかりました。がんばります。」

 

 

 

 

 

あれから1年弱。

 

 

正直がんばれてない。1キロしか痩せてない。

なのにもうそこまで来ています。健康診断。

 

そして娘は1歳10ヶ月になります。

 

 

もう産後じゃないことは重々承知しています。使えません。「産後なんです。」

 

 

考えに考えた結果、夜ご飯を生キャベツと豆腐にして追い込んでいます。気持ちは試合前のボクサー。

 

 

ヘロヘロになりながらも試合に臨む決意をしています。

試合後は、両手を天に突き上げて、インタビューをしていただきたいと思います。

 

 

私はこう言う。

 

 

「もう、産後じゃないんです。」と。

 

 

お疲れさまでした。