読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが家はちびワン王国

我が家の女王、ただ今1歳半。家族は夫、妻、黒い犬、そして黒い犬。

私の辞めたいクセの話

あぁきっと彼は疲れているのだわ。毎日、毎日笑顔の仮面を被ってニコニコしなくちゃいけないんだもの。嫌なことを言われることもあるでしょう。腑に落ちないこともあるでしょう。でも、ただひたすら我慢しなくてはいけないんですものね。それがあなたの仕事なのだから。

 
 
あぁまたピンポンが鳴っている。急いで行かなくては。あなたを必要としている人がいるのだから。あなたの行動が気になって食が進まない。こんなことではダメね。私、しっかりしなくちゃね。
 
 
あぁあなたはストレスが溜まっている事でしょう。近くにライバルが出現してしまったから。そのことで心ここに在らずなのね。あなたのその丁寧な気持ちがあればきっと大丈夫だろうけど、ごめんなさい、こればっかりは約束できないわね。今までの自分を信じてちょうだい。
 
 
 
あぁさっきからマイクを使って何やら言っているけれど、電源入ってないんじゃないかしら?何も聞こえないわ。もしかしてそれはどこか遠いところへ繋がっているのかしら?どうかそうでありますように。あなたのおっちょこちょいではありませんように。
 
 
 
あぁ仲間とは仲良くできているのかしら?さっきから一緒に作業していても口をきいていないようだわ。何か良からぬことでとあったのかもしれない。きっと彼女たちをまとめるのに苦労しているに違いない。人間関係は大変だし、他人とうまくやっていくのはとても労力のいることだから。
 
 
あぁやっぱり彼はとても丁寧な人だったわ。名前も知らないし、次いつ会えるかわからないけれど、元気でやっていることを願うばかり。
さようなら。回転寿司屋さんの店員さん。
 
 
 
 
私はそこらへんで会った人について想像、いやほぼ妄想に近い内容で思いを馳せることがあります。最近では上記に書いた近所の回転寿司屋さんの男性の店員さんです。その回転寿司屋さんはうちの近所では初めてできた店だったので、ものすごく混雑している上にどうやら店員さん不足で(いつも募集している)ためバタバタしています。そのため、彼はとても忙しそうな上に失礼ながらいつ見ても困った顔をしていて、切なさが全面に出ていたのです。(私目線)
 
 
切なさが出ていると通常よりも妄想力が5割増ですので、私の妄想までも切ない寄りになります。なのでうまくいっていないとかそういったマイナスな感じになるのです。これは本当に失礼とは承知しておりますが、もうこれ昔からの癖でしてどうしようもありません。
 
しかも自分の気持ちまでもやや切ない方に傾きますので自分でもちょっと面倒だなぁとも思います。ちなみに老若男女問わずです。
 
しばらく物思いにふけるとそれで満足しますのであっという間に忘れます。忘却の彼方です。そういう感じで人を観察することが多いので、違うところで遭遇した場合「あれ?この人どっかで会ったことあるんじゃないかしらん?」となるのですが、まぁたいてい思い出せません。ちらっとみるだけで勝手にその人が困っているだろうと推測していていて。そのことについて妄想しているだけですから。
 
 
やっぱり私はいらぬことで頭をつかってばかりで大事な所で使ってないのだなとこれを書きながら反省した次第です。これからはもっと違うところに使いたいと決意いたしました。