読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが家はちびワン王国

我が家の女王、ただ今1歳半。家族は夫、妻、黒い犬、そして黒い犬。

犬も献血するよーーー血液検査もするよーーーって話

こんにちは。

最近、ネットサーフィンとやらをしているとブログの勉強にとおすすめの本をちらほらと見かけました。

これなんだけどね

 

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意

 

 

「こんな本あるんやなぁ」と思っているとふと気づく。

この本見たことあるんじゃね!?

2段飛ばしで階段を上がって本棚を漁ってみると、あったぜあったぜ。

やっこさんこんなとこに隠してやがったのか。ニヤリ。

夫が買ってました。

 

 

夫もブログをやっている。タイトルは忘れた。てへへ。

夫と読書の趣味が合うなんてワンピース以来じゃないか。こりゃ奇跡。

キミもこれでブログマスターになろうと思ったのだねーー

 

どれどれ読んでみようぞよ。

 

あはははははははーーーー

やっぱり夫と読書の趣味あわなーーーーい。

夫の本てことは、彼は読んだってことなんだから夫に聞けばいいんじゃないの!?

もう眠いから寝なくちゃーー 

私はそっと本を閉じた。

 

 

さっ。今日のブログ書こーっと(ふふふ、無駄なとこ長いよね)

 

 

今、ニュースでも騒がれているけれどこの季節は蚊が飛んでいる。

人間にも厄介であるが、それは犬も同様である。犬は、蚊に刺されたからといって、薬塗っときゃいいてことではなく、刺されても大丈夫なように先に薬を飲むのだ。

 

犬を飼ってる人は知っていると思うけれど、蚊が飛び始めてからいなくなるまで毎月薬を飲むことになっている。うちの地域だと6月から12月まで。1年のうち半分は蚊対策を行っているのだ。

 

しかも、うちはビッグなドッグなためなんやかんやで薬の種類を決めている。その薬はまとめてもらえないから毎月行っているのだ。とってもいい病院で薬代だけで耳掃除してくれたりとかするからこちらとしてはラッキーなのだ。

 

そして今月も病院デーがやってきた。耳がちょっとくさ汚い娘犬を連れていくことにした。かわいくても汚いものは汚いのだ。娘犬は人間好きのため病院ほど素敵な場所はないと思っている。病院の先生たちはいつも撫でてくれるし、母(私)を独り占めできるからだ。

 

そんなビッグな娘犬と診察待ちをしていると、ふと飛び込むポスターの字

「輸血犬がいます」

ややっ??ふむふむ。ふーむーふーむー

献血ですかな?しかも10キロ以上ですとな。周りを見てみるととても10キロ以上の子は見当たらない。我が子の出番ですがな。

何を隠そう娘犬は29キロあります。でかーーーーー。だってラブラドールだもん。

ささっと献血を名乗り出た私。しかも、血液検査を無料でしてくれるとのこと。

 

もう6歳になるし、犬助けにもなるしこんな素晴らしいことはないと、

鼻を膨らませて興奮したり、そんな自分に照れ笑いしてみたり、夫に「輸血するよー」ってラインして「何かあったのか」とびっくりさせたりしながら、献血娘を待っていた。

 

正直、全然気にしてなかったんだよね・・・

まさかそんなことだなんてさ・・血液検査の結果がさ・・

肝臓の数値が悪くって、1ヶ月薬飲むことになっちゃいました。本当にまさかの結果でした。

相手のワンちゃんには申し訳ないけれど、それ聞いたらそのことしか考えられなくて、慌てたけれどとりあえず薬で様子見になりました。

 

いやーーー検査してよかったなーーーってほっとしながら帰ってきて気づいた。

肝臓の数値悪くて献血大丈夫なんか?と。

そしたら、今度はそれが気になっちゃって気になっちゃって、病院に電話して確認しました。もしダメなら息子犬を連れていくつもりだったので。

結局大丈夫だったので、一安心しましたけどね。

 

また、来月に再検査してもらえるのでそれまでがんばって薬飲んでいただきます。

はーーー本当に検査してもらってよかったなーー

 

って話